人類最大の発明

おカネのキホン

こんばんは!

人類最大の発明って、おカネと何の関係があるの?

おカネが発明??

違うんです。そうじゃないんです。

みなさん、アインシュタインは知ってますか?

そう、あの天才。20世紀最高の天才物理学者。

「相対性理論」

E = mc2

なんかで有名な、あの人です。

人類最大の発明とは?

その天才アインシュタインが、

「人類最大の発明」と言ったのが、

「複利(ふくり)」

です。

昔聞いたことがあるような、利息がどうのとか言ってたやつ。。。

そう!それです。

おカネを貸したり、預金したりすると、年に数%「利息」が付きます。

「利息」の計算の仕方には、「複利」と「単利」があります。

「利息」がどれだけ付くか?どうやって計算するか?がポイントです。

どうして「単利」ではなく、「複利」が「人類最大の発明」と言えるのでしょうか??

それを解き明かすには、「複利」の仕組みを知る必要があります。

「単利」と「複利」の違い

「複利」の力を知るためには、「単利」との違いを見てみましょう。

1年ごとに利息がつく、という想定で見てみましょう。

利息とは、おカネを銀行に預けたり、投資(別の回に説明します)したりすると、

預けたおカネに何%かプラスしてくれるヤツです。

「年利0.1%」とか「年利5%」とか、銀行なんかでよく見るやつですね。

<例えば・・・>

1年に5%利息がつく場合(年利5%の場合)、

100万円預けると、100万円×5%=5万円が1年後にプラスされます。

(話を分かりやすくするために、ここでは税金は無視します)

つまり、その預けた口座では、今年:100万円だったのが、→1年後:105万円 になっている。

この「プラス5万円」が利息です。

では、「単利」と「複利」の違いってなんでしょうか?

「単利」・・・「元本(最初に預けたおカネ)」に「利息」が付く

「複利」・・・「元本(最初に預けたおカネ)+利息」に「利息」が付く

文章で見ても分かりにくいので、図で説明。

単利」の場合、3年目には、115万円ですが、

複利」の場合、3年目には、115.76万円です。

その差、7,600円。

これが、「単利」と「複利」の違いです。

たった、7,600円の違い??

これが、人類最大の発明??

複利の本当の効果

そう、100万円を預けても、3年ではたったの7,600円の差しかありません。

でも、「複利」が本当に効果を発揮するのは、ここからです。

もうちょっとガマン😣が必要なんです。

それでは、もう少し未来まで行ってみましょう!

最初の方は、あんまり差は無い。

でも・・・

時間がたつと、こんなに差が!

30年後には、「単利」と「複利」の差は182万円!

「年利5%」の利息を「複利」でもらい続けると、

100万円が、30年後に432万円になります。

何もしてないのに?

そう、何もしてないのに!!

『3%だとどうなる?』 『20年だとどうなる?』とか知りたい方は、

以下のリンク参照。

簡単に「単利」と「複利」の違いが出てきます。

複利と単利の違い
単利と複利(1年複利)の金額の違いを求めます。

時間はかかる、でも、時間をかければ豊かになる。

これが、「人類最大の発明」=「複利」

複利を使って豊かに生きるか?

複利を使わずに、今のまま生きるか?

決めるのは、みなさんです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました