ぜいきん(税金)のキホン

おカネのキホン

※専門家ではないので、分かりやすさ重視でざっくり説明します!

正確な情報や、詳しく知りたい人は、専門家に聞いてくださいね!

みなさんは、自分がどれくらい税金を払っているか、知っていますか??

どんな時に税金を取られて、

取られた税金はどれくらいで、

その税金はどこで使われているんでしょうか?

税金以外に国に払っているおカネは無いんでしょうか?

一緒に勉強していきましょう!

ぜいきん(税金)って?

昔も今も、どこの国でも「税金」の仕組みがあります。

ざっくりいうと、

「みんなから集めたおカネを、みんなのために使う」

その、みんなのために使うおカネ、そのために集めるおカネが「税金」。

みんなから集めたおカネを使うのが、国や都道府県や市や町や村。

道路を作ったり、学校で勉強を教えたり(先生に給料を払ったり)、警察や消防署でみんなを守ったり。

「税金」があるからお仕事してくれるんですね。

もし「税金」がなければ、

 道路もガタガタ・砂利道のまま、

 警察もないから犯罪ばかり!

 火事になっても、バケツの水で火を消すことに!?

いろんなところから少しずつ「税金」を払ってもらって、

みんなのために使う、それが「税金」です。

払っている税金の種類

じゃあみんなは、どんなところで税金を払っているんでしょう??

大きくはこの3つ。

1.何か買ったら。

2.ものを持ったら。

3.儲けたら(利益が出たら)。

1.何か買ったら。は、消費税酒税タバコ税なんかですね。身近ですね。

2.ものを持ったら。固定資産税自動車税など。持ってるだけで、毎年払わなきゃダメです。

3.儲けたら。所得税住民税贈与税相続税など。「利益」が出たら払います。会社は法人税など。

※この3つの分け方は、分かりやすくするための分け方なので、

 下のグラフの分類とちょっと違います。

日本全体で、1年間に「約100兆円」税金を払っています。


財務省のサイトから引用。

税金の種類について、詳しく知りたい人はこちら。

税の種類に関する資料
税の種類に関する資料

私は毎年いくら「ぜいきん」を払っているの??

国全体で100兆円、と言われてもピンときません笑

私はいくら払っているの?

ですよね^^;

自分が毎年どれだけ税金払っているか、ざっくりでも把握している人っているんでしょうか??

超ざっくり計算すると、

100兆円/6000万世帯(日本の世帯数)

=一世帯 約170万円/年。

これは、所得税も、住民税も、消費税も合わせた額。

所得税65万円、住民税55万円、消費税30万円、その他20万円。

個人事業主もいれば、高所得で所得税もっと払ってる人もいるし、

固定資産の有り・無しでも変わってくるので、ほんと目安程度です。

この他に、「社会保険料」も払っているわけです。

ざっくり70万円/年。

そうすると、「税金」と「社会保険料」合わせて

毎年240万円を国に納めていることに😓

世帯年収の平均が550万円。

つまり、税抜き約310万円が1年で使えるお金(26万円/月くらい)。

ここから、食費、家賃、衣服、ケータイ、娯楽、子供の教育費、ガソリン代、民間の保険代、

友達との飲み会代、などなど。。。

これじゃ貯金できなくない?投資なんて絶対できない!!

ってなりますね。

なので、節税が超重要なんです!

今後節税方法もアップしていきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました